ドミノ辞任で揺れる岸田内閣の閣僚で続く標的となった秋葉復興相がマスコミに対して陳弁する態度の歯切れ悪さも然ることながら、岸田総理と"同郷"の寺田総務相を更迭して替えた新大臣がはた再た倒幕軍の攻撃に曝されてはりますわぁ・・・
 んで、とうとう岸田総理当人が的にかけられましたわぁ
 ・・・まっ、わが国の高度経済成長期に演じられた自民党総裁選を巡る池田隼人と佐藤栄作らの演じた"金環蝕"や田中・竹下らのplutocracyのスケールに較べりゃあ、実にケチな話れすが、現総理が初当選したのは「政治とカネ」の問題の根っこを絶つべく、バブル経済崩壊直後に政界で焦眉の課題となった政治改革関連三法案の成立に失敗し、結党以来初めて自民党が下野した1993年の総選挙だったんれすねぇ。
 爾来、総選挙は10回も行われたそうれ、そんで今の岸田内閣がこの日本の国政を領導する位置に在るのね・・・
 愈々、菅前総理と二階俊博といった自民党の"長老"らが動き出してるそうやないっすかぁ・・