• 広島サミット
  • 広島サミット2
  • 広島サミット3
 閣僚の"辞任ドミノ"以前から支持率を低下させている岸田内閣の余命は来年5月下旬に予定される広島サミットまでと言われ始めている。
 寺田総務相に替えて野党・マスコミの好餌となる松本剛明に更迭したのも、辞任ドミノの発火点を成した山際大志郎の辞任で麻生派議員の閣僚数が一人減った故、松本が同じ麻生派議員であった為に過ぎぬと指摘され、内憂外患を著しくする中、衆院任期半ばとなる来年の秋迄に解散の機会を獲得できそうにない岸田総理は来年春の統一地方選での敗北をまた予想され、因ってその後に来る広島サミットを以て退陣の運びとなる絵図が永田町で展げられているそうな。
 あと半年で岸田内閣は終わるのね